0120-196-635





蓄電池システム事業





家庭用蓄電池システム


 家庭用蓄電池設置の一番のメリットは、災害時です。大地震が発生しインフラがストップした場合は避難所の生活となりますが、避難所ではプライベートがありません。避難所生活は女性の方は2日で限界を感じると聞きます。そんな時に太陽光+蓄電池があれば、自宅で電気も使え普段とあまり変わりない生活が遅れます。携帯の充電に並ぶこともありません。
 南海トラフト地震が、いつあってもおかしくない状況下ですのでなおさらです。
 また、FIT期間である10年が過ぎると、買取価格が低くなるので、売らづに使う方が電気料金が安くすみます。


新電力会社も弊社でご提案しております。
30年以内に震度6以上の地震が発生する確率※J-SHIS地震ハザードステーションデータ



産業用蓄電池システム

 産業用蓄電池システムの設置目的は、当然災害時への対応もありますが、多くは太陽光+蓄電池で事業所の電力削減の目的が殆どです。契約アンペアは、ピーク時の電力量+αで契約されていることがほとんどかと思いますが、この契約アンペアで基本料金がきまります。そこで太陽光+蓄電池でピーク時の電力が下げられる(ピークカット出来る)のです。